クラビット錠を犬や猫にあげても平気?

クラビット錠が犬に処方されることはあるの?

クラビット錠は抗生物質ですから、人間が処方されるときはなんらかの感染症にかかってしまった時の治療に用いられるケースが多いでしょう。犬に処方される場合も基本的には同じような理由になっています。ですが、犬は体が小さい分、人が飲んだ時よりも体への負担が大きくなっています。犬には人間用に処方されたものを気軽にあげるのではなく必ず動物病院で処方してもらいましょう。犬はどんなケースで処方してもらえるのでしょうか?

 

また、飼い主が処方してもらって飲んでいるクラビット錠を犬が誤って飲んでしまうことも考えられます。そうなってしまった際の誤飲対処法についても解説していきます。

 

クラビット錠はどんな効果があるの?

クラビット錠は抗生物質(抗菌薬)です。

 

その効き目は人間や犬にとって有害な細菌を殺菌することにあります。ではどのようにして殺菌するのでしょうか?

 

まず細菌は1つの細胞から構成された生物です。増殖は細胞分裂で行われますが、抗生物質はその点に目を付けたものです。抗生物質はこの細胞分裂を封じることができます。細胞分裂を封じられた最近は増える事ができませんので、やがて寿命が来て少しずつ減っていくことになります。

 

クラビット錠は細菌の細胞分裂を防ぐことで結果的に殺菌することができるのです。

 

クラビット錠はどういう時に犬に処方される?


クラビット錠が犬に処方される目的は人間と同じです。体内にある有害な菌を殺すことが目的だと考えていいでしょう。

 

犬に処方されるパターンはいくつかあります。

 

フィラリア

フィラリアは寄生虫、つまり虫ですから本来抗生物質は効かなそうですが、実はフィラリアの幼虫は抗生物質が苦手です。

 

本来の使用用途とはズレますが、犬の体内のフィラリアを退治するための方法として抗生物質が使われることが多いです。

 

下痢

下痢ぐらいで必要なの? と思われる方もいるかもしれませんが、実は犬はお腹がとても丈夫です。ちょっとやそっとお腹の調子が悪かった所で犬は下痢をすることはありません。強力な胃酸を持っていることもあって回復も早くなっています。

 

そんな犬が下痢をするということはかなり重症の腸炎などが考えられます。そこで抗生物質を使い、犬のお腹の中の悪い細菌を退治して腸内環境をいったんリセットする、といった用途で用いられます。

 

皮膚炎

本来皮膚炎になっても塗り薬で対処するのが一番いいでしょう。しかし、犬の場合はそうならないこともあります。

 

犬は塗り薬を塗ってもすぐに舐めとってしまったり、塗った場所が気になって掻いてしまって皮膚炎を悪化させてしまうこともあります。

 

そこで抗生物質により皮膚炎の原因菌を殺菌するという治療が行われます。

 

クラビット錠を誤って飲んだ時の対処法


上記のケースで犬に処方されることがありますが、やはり薬は薬ですからどうしても副作用が発生することがあります。

 

ですから、飼い主が処方してもらった薬を誤飲した、などの理由で何の症状もないのに飲んでしまった場合はなるべく早く吐かせるなどの対処をするようにしましょう。

 

犬がクラビット錠を誤飲した際の応急処置方法

犬がクラビット錠を誤飲してしまったた、一番いい処置は少しでも早く動物病院に行くことでしょう。ですが車をすぐに準備できない、動物病院が遠いなどの理由ですぐにはむかえないことがあります。この時間を使って応急処置をしましょう。

 

するべきことは簡単で、とにかく早く飲み込んだ薬を吐かせるという処置です。以下の2つの方法で行いましょう。

 

濃度の高い塩水で吐かせる

塩ならすぐに準備できるでしょう。水に溶かせるだけ塩を溶かして飽和食塩水を作って飲ませます。

 

飲ませる量の目安は、

 

小型犬(体重5キロ)なら10cc
大型犬(体重30キロ)なら60cc

 

位です。

 

オキシドールで吐かせる

オキシドールを準備できるならこちらの方がより早く処置できます。

 

小型犬(体重5キロ)なら1cc
大型犬(体重30キロ)なら6cc

 

位を飲ませるようにしましょう。塩水と違って溶かす手間もなく飲ませる量も少ないですから、手早く処置ができます。

 

 

 

仮に、犬がのみ込んだクラビット錠を吐いてくれたとしても病院には行った方がいいです。飲み込んだ瞬間から少しづつ体内に吸収し始めています。応急処置は治療とは違いますので、病院で治療を受けるようにしましょう。
クラビット錠の管理を徹底して誤飲にすぐ気付けるようにするほか、そもそも誤飲が発生しないようにしましょう。

 

クラビット錠はこういう薬


クラビット錠はニューキノロン系抗生物質の一つです。主な使用用途としては尿内汗腺の治療に使われることから泌尿器科での使用頻度の高い薬品です。薬の中では尿として排出される割合の高い医薬品で、膀胱・尿管・腎臓に作用しやすいためそのような使われ方をしています。クラビット錠は錠剤と散剤しかない為、注射や点滴で抗生物質を使う際には他の物を使っています。

 

近頃では、クラビット錠は500mg錠の使用頻度が上がっています。用法としては1日1回1錠5日間の服用となります。この用法であれば耐性菌が生まれづらいという報告がされています。
クラビット錠はいくつか副作用がありますが、下痢や胃痛が主な症状です。クラビット錠と整腸剤・胃腸薬を併せて用いることが多いのはそれが理由です。抗生物質の中では比較的効果がよく、使用される場面も多いクラビット錠はより需要が高まっていくでしょう。

 

後発品もたくさん発売されていますので、先発品であるクラビット錠自体は少なくなっています。ですが、後発品を使っていない医師も多いことからクラビット錠の信頼度が高いのも事実です。世界各国で、さまざまな抗生物質が利用されていることから発展も著しいです。


http://www.facepostfree.com/ http://www.sinirsizfilm.net/ http://www.mulberry-veskeroslo.com/ http://billystroyhillbistro.com/